ペネロペ・クルスのデビュー作、16歳なのに乳吸われ過ぎ

ペネロペ・クルス





ペネロペ・クルス

ペネロペ・クルス(Penélope Cruz 1974年4月28日)は、スペインの女優。2008年公開の『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞した。

見た目は今とあまり変わらず多少幼さが残りますが16歳には見えませんね。とはいえ16歳の少女にここまでハードな濡れ場は日本では絶対にあり得ないですね。すっかり世界的女優になりましたが40歳を過ぎてもヌードを披露する女優魂は日本の女優さん達には見習って欲しいものです。

関連サイト
ペネロペ・クルスのヌード一覧